就活生が職業”おれ”になるブログ

就活を通し、制限だらけの人生なら死んだ方がましだと思い、一旦休学を決意。休学時に出会った本”こうして、思考は現実になる”からインスピレーションを受け、人生は思い通りに生きられると確信。職業なし、あえていうなら”おれ”、やりたい放題の人生をいかに創っていくかを綴るブログ。引き寄せの法則実践ブログ。

就活マインドセットからの脱出〜過去の自分へ〜 第2回 焦りからの就活とは

今日は就活をすること自体について少し書こうと思う。自分が過去やたらと就活していた時の焦りをどうにか解くような記事になればと思う。

(*いつも通り自分の道が明確で頑張っている人に向けてではない。何か違和感があったり自分を見失ってそうな人にだけ)

 

<就活が大事という幻想と焦り>

就活の時期がやたら早まっていて、インターンやらOB訪問やらやたらとオプションだけ増えている感じがしていた。

そんな中、”自分がやりたいことは何か”という質問と、”どんな会社に入るのがいいのか”という質問を明確にするため、色々な人に話を聞いたり、いろんな会社を調べたり、本を読んだりする。

だけど、どれだけ話を聞いても、会社のことを知ってみても、どれもしっくりこない。

 

考えても出てくるのは、

”心からはやりたくないことを、無理矢理に自分がやりたいと思っていられるように正当化するロジック”だけだ。

 

時間だけが流れていき、みんな何となく会社を決めていく。だけどそんな風に決断することがよくない気がしている。

なぜか?理由は、なんとなくよくない気がする。

すると社会や親からは納得させられるような説明を求められる。

 

だけど決断とはそんな焦ってするものなのか?

誰かに強要されて、諭されてするようなものなのか?

違和感のあるままするものなのか?

 

こんな風にずっと思っていた。

 

 

<日本という島国の中の就活という制度>

そして焦りは加速する。

「早く決めないと、早くやりたいことを見つけて、次の道に進まないと。」

 

だけど一度立ち止まって考えて見て欲しい。

僕らのいう、”就活”とはなんなのか。

大きな視点で捉えなおそう。

 

僕らのいう”就活”とは、

この国連加盟数193ヶ国があるだだっ広い地球の中の、めちゃくちゃちっこい島国日本の中の、なんか大学3年の夏になったらみんなやりだす就活と呼ばれる職探しの制度

f:id:chilllife:20180318151234p:plain

みたいな感じにみると、ちょっとはましにならないだろうか。

日本ちっちゃいし東京ちっちゃ、みたいな。

 

そして、

「本当にその日本でやる就活が大事なら、なぜみんなそんな時間に追われて家族との時間も取れずに、最高に幸せそうに生きていないのか。」

「それをして本当に自分の幸せに繋がるのか。」

「だとしたら他の生き方はないのか。」

こう聞こう。

人間が求めるのは、突き詰めれば安心と幸せだけだ。そして君が求める人生は、絶対にある。ただこの就活という制度の中や、会社には存在していないかもしれないだけだ。

 

<いつでもやり直しがきく>

就活をやらないと思う理由の一つが、「新卒で乗り遅れたら次就職するのが難しい。出遅れる。」などの理由だと思う。

これについては僕も焦っていた。新卒で行かないと、みたいな。

これについては、

f:id:chilllife:20180318151931j:plain

これを読もう。そして、自分が納得しないまま自分のアイデンティティを確立しないまま、決断をする、選択肢を絞ることの危険性を知ろう。

そっちの方が実は危なかったりする。

焦りが少しは消えて、正常な心で選択ができるようになるかもしれない。

 

 

<グローバル社会なのに日本だけの制度に固執する矛盾>

グローバル社会と言われつつ、日本の制度自体は何も変わらない。そこに違和感を感じるのなら、君の直感を信じていい。国も社会も正しいという証拠はない。それ以外の道が絶対にある。常識とはただ大多数の人間が信じていること、というだけだ。

それが君の幸せに繋がるかどうかは、君だけが知っている。他の人間に理解させる必要は全くない。そもそも言葉を解している時点で、本当に伝えたいことは伝わらない。

 

本当にやりたいことだけをする人生を、全員がおくれる世界がもうすぐでくる。その実例になる人たちがさらに増えていくことを願います。

本当は君は、君が思っている以上に明晰なのだから。

就活マインドセットからの脱出〜過去の自分へ〜 第1回 幸せの定義とは

おとといの夜、インスピレーションを急に受け、このブログのタイトルを、

chillife's dairy から、就活生が職業”おれ”になるブログ、に変更したところ、アクセス数平均10くらいだったのが、昨日56に急激に変化していて驚きました。

と同時に就活で悩んでる、(もしくは悩み始めた)人が多いのかなと思い、過去自分もそうだったため、過去悩んでいた自分へ向けたようなブログを書いていこうと思います。

いやー、まじで就活で死のうとか希望なくすことあるかもしれないけど、人生は最高だと絶対に気づけるので、何かこのブログがいいきっかけになればと思います。

 

<幸せの定義>

じゃあまず第1回、僕が頭を悩ませていたこと第1位。

就活で会社の軸を選ぶとかいうときによく聞かれる、というか自問する、”あなたにとっての幸せの定義とは?””どういう状態であればあなたは幸せですか?”

的な質問。

これはまじでうつ病の始まりの質問だと思います。というか僕も軽く鬱っぽくなりました。(考えすぎて)

 

(僕の今の)答え:どんな状況であれ人は幸せを感じられる。それで十分だ。

 

この質問の落とし穴は、

自分はどういう状態だったら幸せ何だろう?何が自分を幸せにしてくれるんだろう?何をすれば自分は幸せ何だろう?

これを聞いている時点で、「自分は今、幸せじゃない。」と自分に言っているということです。なので、鬱になります。だって幸せじゃないと自分に言い聞かせているから。

なのでこういう質問とか将来のことを考えて、もし気分が落ち込んだりしていたら、全然正常なので大丈夫ですよ。と言いたい。

 

他に、”何が自分は好きなのか?”

という質問もすると思います。

だけどこれもいきなりするのは、大多数の人は難しいかもしれない。なにが難しいかって、多分自分が何が好きかをすぐ答えられないというところ。

 

僕たちは個人個人全く違う人間にも関わらず(10人10色)、学校や教育、常識などによって自分の感情を押し殺したり、思考を無理やり抑えたりして生きてきました。

そんな自分以外のものにまみれてる状態で、”自分は何が好きか?何を仕事にしたいか?””どういうときが幸せか?”と聞いてもわからないはずです。

というかあってるという確信が持てない。僕はそうでした。

 

だから、「君は営業タイプだよ。」「論理思考ができるから〜だよ。」「どうたらこうたら」みたいな他人の話をあてにしたり、無理やりに過去の経験から”自分の軸”とかいうものを見つけようと躍起にならざるを得ない。

 

だけど本当に好きなものなら、理由は一つしかないはずだ。

なぜそれが好きか?なぜならそれが好きだから。

 

それだけの話。それ以上に説明をしようと頭がするものは、したくもないことを無理やりにさせようと自分のロジックを組んでるだけ。だから一回深呼吸してゆっくりしよう。

 

 

<時間をとって、落ち着いて、ゆっくり自分のアイデンティティを見つけよう>

就活をしているとやたら焦らされるような感覚になるかもしれません。”周りはもう動いている”、”インターンしなきゃ”、あれしなきゃこれしなきゃ”etc、

だけど一度立ち止まって考えよう。

「本当にそれらが大事で、それをしている奴らがこんなにもいるのなら、なぜ社会で本当にすごいと言われる人はこんなにも少ないし、むしろ学がなかったり中卒だったりする人たちが成功しているのか?」「なぜみんな若いときはバリバリ働いて、それで”優秀な人材”になりたがるけど、本当にすごい人たち、本当の成幸者(経済的、家族、趣味全てに置いて満足している人)はこんなに少ないのか?」

ロジックなんて全て破綻していることにすぐに気がつけるはずだ。そもそも普遍的な説明なんてできないし、ロジックもないのだから。あなたにはあなたの真理がある。

あなただけの真理を、あなただけの心地いいと感じる経験を、再発見していこう。自分を再発見していこう。それは地道に時間をかけてやって行こう。今まで押し殺してきた自分を少しずつ解き放してあげよう。

 

「でもそんなこと言っても時間は過ぎてくしみんな就職するし、どうしよう?」

確かに不安は感じると思うので、読んだら少しは楽になりそうな本をここにあげます。

f:id:chilllife:20180315010845j:plain

https://www.amazon.co.jp/LIFE-SHIFT-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95-%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3/dp/4492533877/ref=tmm_hrd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

 

<僕らは平均で100歳まで生きる、だから30歳までは自分のアイデンティティを探せ>

教育、仕事、引退の時代は終わる。100歳まで生きるから、僕らは2回学校へいったり、全く違う仕事をしたりするようになる4、5ステージの人生になるらしい。

だからその変化をスムーズにできるためには、自分のアイデンティティを確立していることが重要だ。的なことが書いてます。30歳まではエクスプローラーっていうステージ(自分探し)、するのが大事だと書いてある。(もちろんもう自分のしたいことが明確ならそれに進めばいい)

なので、卒業してすぐ会社に入るっていう選択肢ではなくて、一旦休学したり、卒業しても旅したりワーホリしたり自分のしたいことをコツコツしていくのはすごくいい。と、僕は思う。だって学校出てなくても成功してる人なんて山ほどいるし、早くからすればいいってもんでもなさそうだし。

だってわからないまま行くの怖いし納得できないからね。

 

<自分の人生は自分しか責任を取れない>

何を信じるのもあなたの自由だけど、その意見を言った人や教えてくれた人は、絶対にその意見を取り入れた先のあなたの人生の責任は取れない。

なら自分の感覚を一番に、自分の意見を一番大事に生きるのが筋に叶っている。今の人間が言っていることは100年後から見るとただのそういう時代だったな。なんかおかしかったよな。と思われているはずだ。

だって80年前くらいまでは戦争が当たり前の時代だったのだから。

 

 

と、けっこう長くなったので、ここら辺で。

引き寄せの法則 第5回 宇宙からの答え、創造主としての意識

”めちゃくちゃ気分が上がる今まで体験したことがない出来事を体験したい!!”

 

これをお願いしていて、前の記事では、

chilllife.hatenablog.com

”起きてからコーヒーを飲んでいると感謝のなだれで涙をこぼした”、という経験がそうだったと思っていました。

 

しかしたった今、回答が来ました。

 

それは、”創造主としての本当の意識の経験”

これを体感することができた。というか思い出した。

 

本当はこういう世界にいたんだということを思い出した。

 

<FBへの投稿へのアンチな反応>

FBへ投稿した先ほどのポストに、過去いざこざがあった友人の友人からアンチ反応を受け取りました。

ここでネガティブな気持ちを経験。さあなぜか?

 

<ネガティブ感情を感じるとき、真実ではない観念を持っている>

感情はナビゲーションシステム、ネガティブな感情を感じるときは自分が真実ではないことを真実と思い込んでいるときだ。

感情は観念によって引き起こされるからです。

 

考えた結果、これに気づきました。

f:id:chilllife:20180314000723j:plain

 

まずこれは、happyちゃんに教えてもらった、

自分と他人が見ている世界は違って、

自分の世界に映るもの全ては脇役、キャストで、他人の世界に映る自分は脇役、キャストということ。

つまりそれぞれがそれぞれの世界を創っている。見ている。この前提から考えたものです。

www.youtube.com

この動画の6分35秒あたりから世界の仕組みについての説明をしてくれています。

 

 

f:id:chilllife:20180314000723j:plain

つまりどういうことかというと、他人からの反応、意見、本やネットetc.、全ては彼らの世界のスクリーンに映っているものだというだけの話だった。

自分のスクリーンのなかに映るキャストの、さらにそのスクリーンの中に映る情報が、自分の思考や世界に影響を与えうるはずがなかったのだ。

それをあたかも同じ世界にいるように見えるから、自分に対して影響があるように感じる。しかしそれは間違いだった。

これに気づけば、自分の思考したことのみが正しく、それが現実になることが腹に落ちる。制限をかけていたのは自分だったのだ。

ならその制限、不純物がなくなれば、

思考は現実になる、というシンプルな法則のみに従って、思考できることはなんでも可能ということになる。

これに気づいたとき、思い出したとき、本当に最高の気分だった。探し求めていた答えが、やっと見つかったのだ。

法則にこれ以上の説明はない。自分が心地いいと思うことが真理、感情はナビゲーションシステムである。ならばこれが絶対的な真理だろう。少なくとも”おれ”にとっての。

そしてこれが創造主の意識だと感じた。

 

今日の引き寄せに感謝、ありがとう宇宙。そしてアンチが現れたという現実、その感情から忠実に答えを引き出した自分に感謝。ありがとう。

引き寄せの法則 第5回 感謝のなだれ、波動の変化、ゴミ拾い、子供との遭遇、100円ゲット

最近は引き寄せをするというよりかは自分の波動をあげることに専念していた。

感謝や幸せを、本来生まれた時に感じられていたところまで持っていくためだ。そして自分の波動をあげていくため。

 

日常での幸せレベルがかなり上がってきて、引き寄せを徐々に実践していこうと昨日お願いしていたこと、、

”今まで体験したことがないめちゃくちゃ気分が上がる出来事を体験したい”

 

<感謝で号泣>

今日は昼頃に目が覚め、コーヒーを入れた。

そしてYouTubeにある2時間くらいのHawaian musicを聴きながら、ホッと春先の風を感じながらコーヒーを一口飲んだ。

 その時に、天気のよさ、自分が地球で生きていて、色んな人と関われている奇跡、自分が恵まれた環境にいるという心地の良さとそれらに対する感謝が一気に流れ込んで来た。

それらに浸っていると、「人生はこれからただよくなっていくんだよ。」そんな思考が自分の頭の中で流れてきた。そして自分の思考、エゴ、感情、自分の全てにも感謝した。

気づけば、ポロポロと涙を流していた。今まで関わってくれた人たちに感謝を伝えたく、InstagramFacebookにポストした。

 

「人生とは何かあるから幸せなんじゃない。ただ今ここにいるということだけで幸せなんだ。」そういうことが本当に腹に落ちてきた。というか落ちた瞬間だった気がする。

 

<100円を発見>

確実に自分の波動は上がってきていた。子供の頃以来だろうか、本当に久しぶりにお金を石神井公園で椅子の下でかがんだときに発見した。

「100円!くそラッキー!」と思い、感謝を込めて石神井公園の賽銭へ入れてきた。

本当にいい日だ。

 

<ゴミ拾いをしたくなる衝動>

ボランティアでよく、ゴミ拾いをしよう!みたいなのがあると思うのだが、そういうこと自体になにか感情が沸くタイプではなかった。

ここ最近は石神井公園でゴミを発見すると、拾いたくなるのだ。望みは叶えたくなる。だから叶える。人の目はすでに気にするタイプではないので、気持ちがよかった。

すると道路のゴミも目にとまる。「全部拾わなあかんやん、、」多いなとは思いつつも、それを見過ごす、自分の願望を見過ごす方が気持ち悪いので結局拾っていった。

これからはゴミ袋を持参しよう。

初めてゴミ拾いがこんなに気持ちのいいものだったのかと、心地がよかった。

 

<遭遇する人が変わった>

最近までは老人や一般の中年の人たちと道では遭遇していたのだが、最近は子供との遭遇率が高い。これも自分の波動が上がってきた証拠だろう。

生まれたばかりの赤ちゃんの波動が一番高く、色々なフィルターにまみれた状態(今の社会の一般)はそれよりも大幅に低いとのこと。

 

 

と、書いて客観的にみてもかなり波動をあげられて来ている状態にあると思う。これからは本格的に引き寄せを実験的に、楽しく実践していきたいと思う。

引き寄せの法則 第4回 石神井公園の寝やすい場所に感謝 親との現実が変わり始めた今日

今日は母親が大阪から東京まで来てくれた。引越しをするかどうかという話をした2日後だった。

険悪なムードにだけはならないよう、ただ本音を伝えよう。そのつもりで心を決めていた。ただよくなるようにだけ波動を合わせていた。

 

引越しの問題の現実の初めはここから

chilllife.hatenablog.com

 

<晴れの日>

そう考えていた矢先、母親がついたとき、東京は晴れだした。

「今日はいい日になりそうだ。」そんな予感を感じたまま、駅へ迎えにいった。

 

ただ本音を話そう。自分に対しての相手の反応は全て自分の現実をよくするためのことでしか起こっていない。

そういう気持ちで自分を固めて、会った。

 

<意外な反応>

駅で合流した母親からの一言目。

「自分がしっかり落ち着いて集中できるところに引越しなさい。」

意外にも会った瞬間に問題は解決した。現実はいい方に向かっていた。もうクリエイションは終わっていたのだ。

この問題からの学びはすでにおれの方で終えられていたということだろう。

自分の意識、そして親との関係に置いての大きな学びになった。

ありがとう現実。そしてがんばった、おれ。

 

石神井公園と話>

そのあとは母親を石神井公園へ連れていった。

「この城跡のことを書いてある石の後ろで寝ていた。」「このベンチで寝ようとしたけど肩がハマらなかった。」

「こういうことを考えている。」など、とにかく色々なことを話した。

今まで小学校以来、こんなに親と話をしたことはなかった。ちゃんと話たのは初めてだったかもしれない。

 

「お金をあんたに使うことで勿体無いと思ったことはない。」「応援できることが幸せだった。」

こんな言葉も親から聞けた。今までの親からしてもらったことに対しての感謝が溢れてきた。ありがとう。

 

波動一つでこんなに簡単に解決するものなのか。そんなことを考えながら、今日を過ごした。

 

<親や子供、というフィルター>

人と人とのコミュニケーションをする。ただそれだけなのだ。変に今まで親や、子供、というフィルターをかけて話をしていたのかもしれない。そういうものをなくせば誰とでも繋がれる。同じ種族なのだから当たり前だ。全ては愛に満ち溢れている。

そういう世界をもっと見ていこう。見れる確信ができていた。そんな大きな発展が会った、一日だった。ありがとう宇宙。

引き寄せの法則 第三回 インナーチャイルドの癒しと眠らない限界 

今日も東京は雨だ。ただ雨の音はすごく落ち着く。もともと音も好きだったが、少年野球の練習が休みになって嬉しくなっていたことも思い出した。

 

<引越しの親への電話>

今住んでいるアパートは、思ったより前の道路に車が通りかなりうるさい。ここで生きていくと、毎日寝不足で何にもならないとこの展開を変えるため、とりあえず親とばあちゃんに電話をした。

親との話は昔から嫌いだった。自分の主張しか言わず、人の主張を聞くということができない、否定しかできない側面をもつ親だった。

小さい頃に自分が自分であることを禁じられた現実は最悪のものだ。自分の感じ方が全てで、その波動が自分の現実を作っている。その他は全て自分の世界のキャストであり、ただの脇役だ。

インナーチャイルドの癒しを実行した。

taking-a-stand.jp

 

そのあと、自分の波動を変えずに話すことに専念し、相手の波動にならずに自分の波動で話すことができた。

 

相手が何を言ってこようがそれは自分の意識の中の世界で、ただのセリフだ。それが何を意味しているのか。自分の波動はどうなっているか。そのことだけに着目すれば、何も問題はない。全ては自分の中にあるのだ。

 

<あなたの意見が宇宙で一番大事>

自分の感じ方や意見を否定や、迎合しなければと思って生きている人が多いだろう。昔は息苦しくも合わせるということが大事なのではないかと、思う時期もあった。

だが留学や、就活での経験を通し、どうやら全てはでっち上げだったようだということに気づいた。

今まで信じてきた世界とはでっち上げなのだ。常識、一般論、なんちゃら理論、親やそこらへんの大人の話、偉そうな人の話、本の話。全てに違和感があった。

その自分の感覚に、本当に感謝している。ありがとう。そしてそれに気づくまでの旅をさせてくれた全ての現実にありがとう。

世界とはこうであったと、初めて腑に落ちた。

 

<眠れないならそれをネタにしよう>

こういうネタにするという考えが得意だった。何が起きてもネタでしかない。

じゃあ今この瞬間、寝られないという状況もネタにしよう。

Go big or Go home だ。

今からとりあえず起きまくって、ナチュラルな幻覚を見ようと思う。ただ幻覚と自分でわかる範囲でないと面白くないので、波動を保てるレベルでやろう。

引き寄せの法則 バイブレーションの法則 第2回 雨の日、その他まとめ

昨日は結局全然寝付けず、近くの公園まで行って寝ようとこんな顔になりながら

f:id:chilllife:20180308181013p:plain

深夜4時くらいに出て行ったのだが、結局途中で雨が降ってきて退散。

「まあ行くなってことか」とか思いつつ帰宅。

 

今までならやせ我慢をして

f:id:chilllife:20180308181009j:plain

エセポジティブになろうとしていたけど、「さすがにこれは眠いししんどいよなおれ、よく頑張ってるよ。こういうシーンになってるけどこれもまあ人生やって。ありがとう。」と肯定しつつあげるという感じで調整。

 

吸う3秒、吐く4秒の呼吸に集中すると、疲れもあったせいか就寝。今寝られていたことに感謝しています。エネルギーが戻った。ありがとうおれの最高の体。

しかし相変わらずわけのわからない生活をしていて面白いなと思っている。

 

 

<すでに持っているものをお願いする必要はない>

バシャールの言葉で上記のようなものを見つけました。

”心からの願望はすでに与えられている。なのでそれが見えるように援助を求める。”

なるほど、こんな感じで現実を捉える方がわかりやすいし理にかなっている。

これでこれからの現実は考えていこう。

これはハイヤーセルフの記事をどこかで読んだときにも書かれていた。

 

”「物事を得るために努力しなければいけない」と考える代わりに、「あなたにやって来るあらゆる良いものは、あなたがそれを許し、自分の人生にやって来ることを許可したときにやって来る」と思いましょう。つまり、あなたがその贈り物を持つだけ十分に自分を愛したときにそれがやって来るということです。

·ハートを開いて、受け取り、想像できる以上のものを自分がもつに値すると信じましょう。

ハイヤーセルフは全てをおれが受け入れるのを待っている。

·自分のハイヤーセルフに、あなたの描いた物事の理想像を創造するように強制しないでください。

高い流れの中に身をまかせるだけでいい。”

 

全ては今にあるということですね。

 

 

<波動のわかりやすいスタンスの話>

どこかの記事で、こんな話を見つけた。

”理科で習った知識によると、ガスバーナーの炎は真ん中が青くて、外側は酸素不足で赤くなるのだそうです。

心も、何か足りないものを追い求めてテンションを上げる「赤い炎」よりも、すでにシンクロニシティによって満たされていることに気づき、穏やかにモチベーションを燃やす「青い炎」でいたいものです。”

不足を追い求めている状態だとその波動になってしまう。そうではなくて、すでに自分は最高の流れの中にいると気づく。そしてそれをただ信じている状態で進めばこの青い炎のような波動で落ち着いていられると感じた。

 

<まとめ>

とりあえず現状で慢性的にくるこの車の音というのはなかなかくるものがある。解決策も今のところはホ・オポノポノで自分の感じているネガティブを浄化するか、爆音で近所迷惑を承知で音楽をかけるかの二択になってきている。何かいい解決策があればいいのだが。まあ何とかなるやろう。