韓国旅行5日目~最終日

朝起きて携帯を見てみると、昨日四人で飲んだうちの一人の女の子からメッセージがきていた。知り合いのKoreanのDjをおれに紹介してくれるらしい。二時半に待ち合わせだ。そしてそのあとまたおれが去る前に会いたいとのこと。本当にいい時間を昨日過ごせたと思えた。

 

待ち合わせ場所にいくと、がたいのでかい、でかめのリュックを背負っているやつを発見した。彼の名はEnoch、Djはもちろん、自分の音楽もつくるらしい。

 

彼におすすめの昼飯を食う場所を聞くと、「Korean BBQは食ったか。」と聞かれ、「それだ!」という感じで彼がよく行く食べ放題のKBBQの店へ行くことに。おれが滞在していたItaewonからバスで30分ほどのSinchonという場所だ。KBBQ屋に入り、彼がオーダーしてくれた。やたら量の多い、牛、豚で系4種類の肉がきた。もちろん白飯、野菜、キムチなどの調味料も食べ放題だ。それでたったの1000円ほど。ありえない。

味もかなりおいしい。やっとローカルな場所でローカルなことができている。やはり人に会うのは最高だ。KUの彼らのこともあり、感謝しきれないほど感謝していた。

 

食い終わったおれたちは、Enochがオーナーのクラブ箱に行くことに。KBBQ屋からはすぐ近く、歩いて5分ほどだった。食べ終わったのがちょうど4時半くらいだったのだが、イベントが6時までやっているらしい。

 

その場所はビルの地下一階にあった。入るとクラブミュージックが流れており、Djの背後の壁にはKorean flagが映し出されており、両壁はプロジェクターで色とりどりの映像が流されていた。小さいが、いい場所だ。そこで踊っている奴らはその両手に韓国の旗を持ち踊っていた。今日は三月一日。昨日のクラブでの女の子たちを思い出した。少し居ずらい気持ちを感じながらも、「どうせなら楽しもう。」そう思いKorean flagを両手に彼らが踊っている輪に特攻。曲は Run away by Galantis。なにも関係なかった。言葉よりフィーリングだ。彼らと踊っているとなにも問題はないように思えた。ただただ楽しかった。変に気取っていない。ただその場を楽しんでいる。そんな彼らの姿勢が好きなんだと確信した。

 

イベントが終わり、近くの小さなカフェとパブが混ざったようなところで昨日の友達と待ち合わせる。そこはビルの一室で、小さな空間だった。ただ雰囲気がやたらいい。韓国人の彼女をつくって戻ってこようと心に決めた。

少しすると昨日の子と、そして彼女の他の女友達も来た。四人でビールを飲むことに。雰囲気が静かでかなりchillな場所だったので、騒がずいつもの調子で話していると、「昨日みたいになってよ!」と言われた。「でもここそういう雰囲気じゃないよ、、」としか言えず、しかしおれの話をよく聞いてくれる彼女に感謝していた。

 

21時くらいになり、そこから何か食いにいくことに。またローカルな場所にいける。おれはかなりハッピーだった。

そこも居酒屋のような雰囲気で、本当にローカルな雰囲気だ。たわいもない話をし、うまい飯を食う。最高だった。「やっとおれがしたかったことができている。こんなによくしてくれるやつらがいたのか。」ただただ感謝をしていた。

彼女の友人は明日仕事があるからと23時頃には帰宅していった。三人になり、おれがどれほど感謝しているかとか、彼女もおれがどれほど彼女らを笑かして幸せにしたかとか明日去るのがさみしいだとかを話してくれた。そんな話をしているうち、おれは自然に涙が出そうになった。さらにKUのやつらの話とかどれだけ友達がここでほしかったかとか話してるうちに、おれは泣いていた。そして彼女も泣き出した。

「1日しか会ってないのにまたすぐ会いに来ようと思うなんてこと韓国人はあんまりないよ。君はすごい特別だよ。」「2日しか会ってないのに泣いたことなんてなかったし、1年以上の友達が留学に行くときも泣かなかったのに。」そんなことを聞いているうちに、おれはもう涙が止まらなくなった。

「君たちはおれにとっても特別だよ。また戻ってくるよ。いまならおれがここに戻ってくる理由があるから。」どれほどおれが彼らに感謝していて、よくしてもらっていたか気づかされた。

「今日は3月1日。私たちにとっては大事な日。私は前は日本とか日本人にとっていいイメージがなかった。だから日本にも行ったことがなかった。前の会社での日本の同僚も全然私によくしてくれなかった。彼らはシャイでそんな話したがらない。でも初めていま日本人の友達ができた。君は私にとってはじめての日本人の友達だよ。」

少し酔っていたのは酔っていた。だけどこの瞬間がただただ美しいものだった。人はいつもなにかのしがらみにすでにとらわれていることが多い。国だったり、肌の色だったり、歴史的ななにかだったりだ。それがなんであれ、その問題の前に、人はただ人であるべきだ。全員が同じじゃなくていい。だけどそうであってもおれたちは地球にただ住んでるだけの仲間だと思いたい。

ひとしきり泣いた後、帰路へとうとうつくことに。こんな泣いたのは久しぶりだった。忘れるはずがない思い出がまた増えた。

 

彼らに呼んでもらったタクシーがきた。とうとう一旦お別れのときだ。ハグを彼らとしてタクシーに乗り込む。「See you again!」力強くそう言って、別れを告げた。

 

タクシーの運転手さんにどれだけおれがいい時間をすごしたかを語った。おそらくあまり英語を理解していなかったが、うんうんとよく聞いてくれた。「I love Korea」とだけしっかり伝えておいた。

 

ホステル前へ着き、クレカで払うことに。キャッシュがなかったからだ。するとチップを読み込まない。「Shit.」財布を見ると15000 won しかない、タクシー代金は17000 wonだ。運転手さんにあるだけのキャッシュをみせる。何回かクレカも試したが、やはりだめだ。キャッシュが足りてないはずで怒っていい状況のはずなのに、彼は陽気に笑って、「It's ok」そう言ってくれた。

 

最終日にしてラッシュのように起こった多くのイベント。また戻ってきたくなった。いつも大事なのは場所ではなかった。人だ。それを確信し、眠りについた。

 

これで6日間の韓国旅行は終わった。KUの女の子にも会えなかったし、KUのやつらにもほとんど会えなかった。だけどそれ以上に、歴史のこと、もっと深い人のことを知れた気がした。たった6日間だったが、この旅行で完全におれの韓国や韓国の人に対する見かたが変わった。本当にきれいな瞬間をありがとう。

 

韓国旅行4日目

明治のやつらへ連絡を入れる。「今日は結局一緒に合流していいのかい。」すると留学生の彼とその友達の男に、明治のやつらだけでの集まりだからやっぱりきついてきなことを言われた。

そのこと自体に関してなにか怒るなどの感情はなかっただ、ただなぜこんなにもアジア圏(少なくとも日本と韓国)のやつらは初めに心のバリアを張るのかと目の当たりにしながら考えさせられた。アメリカ留学を経て向こうのスタンダードに慣れてしまったせいで、こういうことになると少しなにか自分とのズレを感じるようになった。新しい人を誘うのになにか理由やグループの構成などを気にする必要があるのか。

 

なにか人に会える場所に行かなければ。そう思いひらめいたのが「なにか国際交流会のようなものがSeoulでもあるんじゃないか。東京にはたくさんあった。」

案の定International partyというようなものを見つけ、ちょうどその日開催だった。時間は夜の七時からだ。毎週4回くらいイベントを開催しているみたいだった。速攻行くことに決定。

昼からは適当に観光名所をぶらぶらまわる。そして適当にローカルな店で昼飯を食った。やはり飯がうまい。そして安い。店のおばちゃんもいい人だった。「コマウォ(ありがとう)」と言い、その店を去る。

そのあともともと会う予定だった子たちが通う、KUへ行った。Seoulは東京に似ていて電車でどこでもすぐに行ける。30分あれば本当にどこでもいける。

KUへ着いてまず思ったのが、「くそでかいしなんて綺麗な建物だ。」くそでかいというのは敷地が広い。そして建物が西洋風のものだった。早稲田と立ち位置としては韓国の中では同じなのだが、はるかに早稲田よりかは頭がいいらしい。韓国の学生は勉強をかなりする。させられる環境らしい。

 

KUで適当に時間をつぶし、あわよくば誰かに遭遇できないかと思っていたが、もういい時間なのでイベントへ向かうことに。ほんとうに「なぜ少しでも会おうとしてくれないのか。」という問いを止めることができなかった。

 

International partyの会場についたのが、結局夜の10時半とかだった。建物の3階と4階で、バーのようなところだった。すっかり会場はグループができあがっている。ただ一人でいる女の子を発見した。「Hey How are you doing tonight?」聞くと彼女はこのパーティのスタッフの友達らしい。彼女もかなりあどけない感じで、笑い方がむじゃきでかわいい。あとでわかったのだが年はなんと27だった。正直全く見えないし、なんなら21の俺よりも下なんじゃないかとも思うくらいだった。

その子を連れて他のグループに入っていく。三人でしゃべっているところがあったのだが、彼らは全員Koreanだった。男1女2のグループだ。そしてなんと彼らも27らしい。27のやつらにしか話しかける才能がないと思った。

ただクールなやつらで、おれとの会話を気に入ってくれた。

 

そしてその後その三人と他のグループのやつらとでクラブへ行くことに。だが途中ではぐれてしまった。

結局おれら四人で飲むことに。韓国の居酒屋のようなところに連れて行ってくれた。これが初めておれが韓国の現地人らとhang outできたときだった。これがしたくて韓国にきたのだった。そこの現地の人と現地の人がすることをする。これがおれにとっての旅の醍醐味だ。

Sojuの飲み方や、そのボトルの振り方、そして韓国料理の食べ方などを教えてくれた。Sojuは昔身体に悪い化学物質を使って作られていたらしい、だから飲む前に振る、というのが昔では風習だったと教えてくれた。

とにかく楽しい時間だった。おれもかなり楽しめたし、彼らもかなり楽しんでくれたようだ。その後結局彼らは帰ることに。おれはもう電車もないし、この街の雰囲気をもう少し楽しみたかったので一人でもクラブへ行くことに。

AURA、というクラブに人がやたら並んでいる。EDMが聞こえてくる。ここに決めた。

おれの一個前の列に女の子の二人組がいた。話しかけてみる。「How are you guys doing tonight?」そのから会話がはじまり、かなり酔っぱらっていたみたいでテンションやたら高めに話す。おれもいい具合に酔っていた。話を聞いていると、三月一日は韓国のNational holidyらしい。「So today is really important day for us. Sorry but we can't celebrate with you tonight. Because we have to escape from Japan.」彼女らはこんなニュアンスのことを言っていた。衝撃だった。歴史の授業を全く聞いていなかったし勉強もしてこなかったが、現実ではまだ歴史上の爪痕が残っているのだ。たしかにテレビで放送されているようなことは過剰かもしれない。だが確実にまだ歴史の爪痕がここには残っていた。彼女らはおれに冷たいだとかひどいことを言ったりだとかそういうことはしない。ただ小中高の教育を経て刷り込まれる他の国に対するマインドセットというものを、はじめて目の当たりにし、少し複雑な気持ちになった。

 

しかしもちろんクラブに入るとそんなことは関係なしに楽しめた。なんとなくバブルのような印象を受けるクラブだった。少し高い場所に女の子がおり躍っている。かなりこんでいた。いい雰囲気だ。やはり日本のクラブよりもこっちのクラブのほうがアツい。彼らのダンスはかなり激しいしおれが肩をたたいて一緒に踊るそぶりをみせるとノってくるやつらが多い。その日は結局朝の7時まで残っていた。

 

ふらふらになりいつものホステルに帰宅。ただただ楽しい夜だった。

韓国旅行3日目

相変わらず3日目も一人で観光に行く気にもなれず、ホステルのラウンジでだらだらと過ごしていた。なぜおれはなんのプランも練らずきてしまったのか。そんなバカな質問を一人延々と自分に問いかけていた。Korean Uiversityの女の子に会うのが一番の目的で、しかし他のKUのやつらにも会いたいと思っていた。だがグループチャットの6人グループで一緒だった女の子たちでさえも、返信が途絶えてしまった。

あまり仲がいいわけじゃないのに誘いすぎた以外なにも思いつかないのだが、正直おれなら、他国からきたやつでしかも授業が一緒だったやつとなると、一緒にhang outしたいと思う。それがおれのマインドセットだと言われればそれまでだが、「なぜ?」という問いがとまらなく、ただただなんとなく虚しい気持ちでいっぱいになった。

 

ホステルでうだうだしていると、かわいい女の子が入ってきた。韓国の子だ。目がぱっちりしていて、綺麗というよりかはまだあどけない感じ。目があったので笑いかけると、「にーっ」っと綺麗な歯をみせて無邪気に笑い返してくれた。

好きになった。

一旦スタッフに部屋まで案内されて、ラウンジからはいなくなってしまったのだが、またすぐにかえってきて、日記らしきものを書き始めた。そしてラウンジの壁には色々旅人たちの落書きが書かれているのだが、その子が壁を見ながらなにか探し始めた。隣同士に座っていたので、とりあえず話しかけてみた。「What are you looking for?」

すると前にここに泊まりにきたらしく落書きを残していったらしい。

そこから会話が始まり、日本に旅行にきたことや、韓国のことなどを教えてくれた。やたらきゃぴきゃぴしていてかわいいなと思っていたらなんと高3だった。

「韓国にはかわいい子が多すぎる。もうKUの子は忘れよう。」そう少し思えた。

 

その後おんなじ机に座っていた韓国人であろうおれと同じ年代っぽい男が電話をとり、「もしもし」と言い話し始めた。あとで話しかけてみるとなんと明治大学に4年間留学している韓国からの留学生らしい。同じく東京の大学に通うおれからすると驚きだった。同じく明治に通う日本のやつらが旅行でくるから案内するらしい。彼はSeoulに帰省中だ。「友達も明日君と遊びたいっていってるよ」彼の友達がそう言ってくれているらしい。明日の予定がとりあえず確保できたことに、なんとなくほっとした。出会いは突然で偶然だ。

 

その後部屋に戻ると新たに宿泊しにきている女の子がいた。おれの部屋は10人部屋だったのだがほぼ毎日だれかがくる。

話をきいてみると、カナダ生まれの韓国人らしい。韓国には英語を教えるプログラムできたみたいだ。英語を教えるなどのプログラムで、他の国で文化を学ぶのは本当にCoolだ。ただそれがいいと思うからやるわけで、なにかその他には理由はない。日本のみんなと同じ道じゃないとやばいんじゃないかみたいなアホな文化はいつ消えるのかとふと思った。

その子はそのプログラムで一緒のやつらと合流してHookah(水たばこ)を吸いに行くらしい。おれが予定をないことを伝えると、気軽に誘ってくれた。

その後彼らはバーかとこかに行ったが、おれは眠かったし明日の朝から行動する気だったので、帰った。一人で屋上でSojuを飲み、少し酔ってから眠りについた。

韓国旅行記二日目

起きたらすでに午後2時とかだった。そっからとりあえず安い昼飯を食って、昨日のブログ記事をホステルのラウンジ的なところで書きながらチル。無駄にコーヒーとかを飲みまくる。

 

夜からは実は昨日のクラブで知り合った日本のお姉さん二人がいたのだが、その人たちと合流して飯を食って今度は違うクラブにいくという予定だった。

結局合流は11時くらいからになり、それまではというとまず一人で700円くらいの安いビビンバを食べた。ホステルのスタッフの人が教えてくれたところだ。おれの泊まっているG guesthouse Itaewonから歩いて5分かそこらのところだった。店内の雰囲気は食べる場所が一段高く、そこの床の上に机があり地べたに座るタイプで、店員のおばちゃんも愛想がいいわけじゃないがどこか安心できるような空気感で、「韓国の昔ながらの店はこんな感じなんやな」とかなにも知らずに思わされたような感じだ。

 

そのあとは二時間くらい時間つぶしのために、フッカを吸いに行った。ドバイ人らがやっているところに行った。ソウルは探してもフッカの場所が3つくらいしかなく、しかも一つのところに関しては30分ごとに追加料金を取られるというわけのわからないシステムだった。結局EDMを聞きながらそのドバイのところで時間をつぶしたわけだが、なんでも安い韓国、おれはてっきりフッカも安いと思っていた。間違いだ。なんと一本2200円もとられた。財布がどんどん死んでいく。

 

その後駅で二人と合流することになっていたのだが、二人は結局20分ほど遅れることに。その間にとりあえず暇すぎるということで、片っ端から知らない子に声をかけまくることに。とりあえず話す相手が欲しかったので、女の子に道を聞いてから会話に発展される間接法で攻める。"Is there any good places I can go by myself? Cuz I gotta wait for my friends for a little bit" 

日本よりかは英語をまあまあしゃべる子の比率が高いと感じた。冷たく、英語しゃべれないから私みたいな雰囲気で断られたこともあったが、だいたいの子は親切に教えて、日本出身だというと、「日本!」みたいないい反応で話してくれた。こっちに来て初めて思ったのだが、韓国はかわいい子が多い。かわいいというのはただかわいいというよりかはどことなくエロさもある。ただガードはかなり堅そうな雰囲気だ。

 

待つこと20分くらい、やっとこさ合流。とりあえず飯を食うことに。だらだらしゃべってるうちにわかったのだが、なんと二人は名古屋のホステスさんらしい。道理でやたら酒をつぐスピードとかが早いことに納得がいった。

二時くらいからHongdaeにあるnb2というクラブに突入。ここはHiphopだ。ショットをとりあえず頼み、そこからが始まりだった。

日本と距離的にはかなり近い韓国。だがそこにいる彼らと日本人では楽しみ方が違いすぎる。韓国人はとにかく激しく踊る。音楽を楽しむ。なぜこんなにも日本とは違うのだろうかと不思議に感じた。

 

朝の6時くらいにクラブから出て、タクシーで帰宅。ここのタクシーは本当に安い。初乗りが300円ほどだ。

少し明くなった道のりを歩き、ホステルで眠りについた。

韓国旅行記一日目

まず旅の目的が、韓国にいる韓国人の女の子に会いに行くということだった。韓国の大学と提携している授業を取った際、韓国の大学の生徒の子たちと知りあいになって、その中で一人の子をめちゃくちゃ好きになってしまった、という流れだ。

 

だがしかし韓国に着いてみると、その子からの返信がやたら遅くなってしまい、まず一日目は会えなかった。なぜなのか。6日間も滞在すると決めてしまった以上、一日目から雲行きが怪しすぎる。急に用事ができて行けなかったとのこと。古典的すぎる展開だが、まだ始まったばかりと気を持ち直す。

 

やけになったおれは、そこからもう一人韓国にたまたま一緒の時期に滞在している友達を誘い、「Octagon」というEDMなら韓国の中で最高といわれるクラブに赴いた。エントランスは約3000円だ。しかし、Gangnamの金持ちとかが集まる最高のクラブでその値段とはかなり安いと感じた。渋谷のCamelotでちなみに男は3500円だ。

 

中に入ってまず感じたイメージが、「韓国の女の子エロすぎやろ」だ。やたら肌がきれいなせいか、顔はもちろん足もやたら綺麗に見える。日本人の女の子と比べて、韓国の子たちは「かわいい」というよりかは、「エロかわいい」を目指している感じがした。

クラブの内装としては地下一階と地下二階。地下二階がメインフロアで、テーブル席がやたら多い。そこに金持ちとかか集まって、女の子を連れていくという構図だ。バブルの印象がかなりした。

 

ほとんど韓国の女の子らはツンツンした感じだったが、中にはクレイジーな子や、旅行で他国から来ている子たちもいて、正直クラブの中では一番か二番くらい楽しい経験だった。あととにかく音がいい。日本であんないい音のクラブに行ったことがない。Ultraでさえけっこうしょぼいと思ったほどだ。

 

これがとりあえずの韓国一日目だ。クラブ以外することが思いつかないが、とにかく来たからにはなにか軌跡を残していきたいと思う。