フィリピン旅行6日目

寝て起きて時刻を見るとすでに昼の4時とかだった。そこからとりあえず行動を開始する。「なにをしようか。」起きてからそう考える、そんなことをずっと繰り返してきた。だがそれでもフィリピンは楽しめたのだ。Jolibee(フィリピンにしかないジャンクフード屋さん)を食いに行こうと決めた。そこで2日目に公園であったおっさんが最後に会いたいといってきたので合流することに。

 

このおっさんはやたらおれのステイ中にテキストを送ってきた。それがなんのインテンションなのかよくわからないが、とりあえずおれが初めてのジャパニーズだったのがうれしかったのだろうか。六時からは2日目に公園で会ったことMeditationをするところに呼んでもらっていたので、すぐに解散した。

 

その後目的地に向かったのだが、それにしても車が多すぎる。タクシーも捕まえられない。Uberも来ない。Burgosの近くのとおりはクレイジーだ。本当にトラフィックが多すぎる。

 

30分ほど遅刻してその場所についた。宗教っぽかったが、宗教とはちょっと違う感じだった。単にMeditationをしに来ている人もいるのかもしれない。その後軽食が出て、みんなで食べた。いい人たちばかりだった。

 

その後はその女の子とまたPenthouseへ向かった。その子はここへ来たことがないらしい。またあのいい音楽と景色とバイブがそこにはあった。フィリピンに来てこんなにも色んなつながりをつくれるとは思っていなかった。現地の子とこうして遊ぶ。それが旅のだいご味だとおれは思っている。

 

カクテルとフッカをまた頼み、彼女と話す。しょうもないことから、人生のこと、男女関係のこと、色々話した。彼女は本当に人の話を聞くのがうまい、というよりかは話していて心地がいい。無駄な壁を作る必要のないタイプの女の子だ。

 

また会えたらどれだけいいだろう。またフィリピンへ帰ってこよう。そんなことを考えながらその場をあとにした。

 

最後にまたあの公園へ行き、ハグをして別れた。これでフィリピン旅行はすべてだ。最初から最後まですべてがおれにとってはいい思い出だ。

色々な人に会って、自分を見返すきっかけにもなった。あんなにがんばっているあの彼女にも影響を受けた。

「まじめにもまじめじゃなくもどっちもしたい。」まあそれは大事だ。勉強とかいろいろなにがまじめでなにがそうでないかとかはあんまり区別がつかなくなってきていたが、おれももう本気で生きる時がきている。そんなことを考えながら、そしてやはり寂しさをおぼえながら、帰りの飛行機の中で浅い眠りについた。