旅・自由・スピリチュアル

本来の世界観を思い出すためのブログ。

こうして、思考は現実になる 実験8 結果報告

こうして、思考は現実になるの実験8の結果報告をしていく。

まず実験8の概要はこれだ。

f:id:chilllife:20180202102215j:plain

 

日付:2月2日 10時 (AM)

時間:48時間

期限:2月4日 10時 (AM)

テレパシーの相手:留学先の友達へ飛ばす。

 

<結果>

結果からいうと、相手からの回答はなかった。

 

相手は今も現地で住んでいて、僕が日本へ帰ってきてから向こうの生活をMissしすぎて、何度か向こうのことを思い出して泣いているスナップを送ったりしていた。そしてそのバイブがわるかったのか、返信をくれなくなっていた相手だ。現地ではかなり仲がよかったし、本当に思い出を作ってくれた相手なのだが、僕のバイブがこっちへきて変わっていたところがあったのだろう。

僕の波動を感じて、テキストでも送ってくれたらいいなと思い実験を開始した。

 

<実験の時に飛ばしたこと

まず相手のこと、バイブを思い出す。そしてその一緒にいた時に楽しかったいいバイブで、「How you been? 」軽くGreeting を飛ばす。そして、よかったらテキスト返してくれるように期待を自分の中でしていた。というかそういういいバイブを飛ばせばテキストがくるかなとただ待っていた感じだ。

 

<実験を終えて思っていること>

おそらく相手は相手の世界を創って生きている。その相手に明確に何かをしてもらうというのはコツの問題とか、どれくらいの頻度で関わっているかにも関わっていると感じている。おそらく僕のメッセージというかバイブは届いたかもしれないが、(おそらく何らかの形では届いている)それがどれほどの相手へのインパクトだったのか、行動を起こさせるまで強くはなかったのか、という感じで考えている。

引き寄せを自分の世界でさらに実践していけば、その飛ばし方や強さもさらに出て、一度関わった人であれば行動を促せるようになるだろう。

 

もう一つとしては、あまり相手に行動を今回は意識していなかったところもある。とりあえずいいバイブを飛ばして、それに対して何かテキストなどをしたいと思ってくれれば送ってくれたらいいなという感じだった。なので相手がテキストをしているところなどは感覚として感じていない。そこはあくまで相手に任せていた。(相手がどんな感じなのかわからなかったので)

だけど今これを書いていて行動も意識した方が面白かったのかもしれないなと思った。ただ気を使わない絶妙の相手を次は選んでやってみようと思った。(気が向けば)

 

引き寄せに関しては自分の中では作用を感じられるようになってきているので、引き続き続けていこうと思う。