4日前(10月8日)の停滞から 10月12日

めちゃ長くなったので、今回のまとめ。

・分析(この記事のような感じで毎日のまとめ)

・自分のペース

・選択していく。決定。そしてそれについてくる行動。

・ある程度の計画(事前選択)

 

の4つ。

自分のペースをまず確保して、

でその自分の波動の中で、落ちついて選択して、

その選択や、毎日の自分の本音や、感じたこと、状況などを分析していく。

これでさらに、よりよくなる、ということですね。

自分は書き連ねるのが大好きだと気づいた。ありがとう。全てにリスペクトを。

 

こっからが書き始め>

早くも、(またもやこの展開だ)前の記事投稿から4日も経ってしまった。

前は行動を、と思っていて、10日(一昨日)に、ヒッチハイクを思い立ち、実際に用賀インターまで行ったが、結局実行せず。

「他にやることがある。」「(〜を避けるために)これがしたい。」状態であると気づいたからだ。

それは、自分との対話だった。

10日は、用賀インター横のマクドで、自分の心の中を、ひたすら書き出した。

すると願望がじゃんじゃん出てくる。めちゃくちゃ出てきた。

とりあえず、日本を堪能したいと、出てきた。色々なことをとりあえずしたいと、興味が山ほど出てきた。

何か刺激が欲しいらしい。欲しいのだ。何かをしていたいのだ。

 

こう考えていると、欲しい=欠乏、だから、まずはそうなっている状態(在り方)を感じて、からしないと、と考えている。

そのまずは意図的な感情を感じて、その時に出てきた、持ちたいもの、そしてその先にある行動を、するというのが、順番らしい。

らしいというのは、それをとにかくやってみていなかったということだ。なんとなく頭の中ではわかっていたのだが、それを実際にやっていなかったので、いかんせん、ものになっていない。

で、そのまま前の物質的なパターン(とりあえず行動、何しようか)の思考に陥っていたのかもしれない。

そしてそのまま、「でも何したいのかわからん」状態。もしくは「これも、これも、したい。」で、どれからと考えているうちに、どっちつかずになって、時間が過ぎ去っているという状態。

もう一つは、家にいるときに、同居人の彼女といることによって落ち着かない。気が紛れて、注意が散漫しているという状態。

この三つの状態に陥りやすいのだろう。というか最後の「落ち着かん」状態は、ほとんどいつも影響を受けているはずだ。(留学中のベッドルームシェア時は、ほとんど本当に会話もしていない)

その上、部屋からあまりでる予定がないと、本当にイライラだけが募ってくる。そのままイライラのままじゃ考えられないと、とりあえず家を出るのだが、あてもなくフラフラとし、そのまま結局居座る心地いいところを思いつかず(その波動ではない)、また家に帰ってくるというサイクルだ。これが陥っているパターンなのではないか。

 

とはいえ、今日の朝は、したいことは色々と出てきていた。

・住み込みのバイトを探したい

神との対話シリーズを読みたい

・スピリットと繋がれるようになりたい

・Japan味わいプロジェクトの計画

ツルニチニチソウの掃除

・自分の部屋の畳の掃除

 

などだ。

 

朝起きて、「今日何しようか。」というパターンできているのだが、ある程度は、計画が欲しいと、思う。出なければ、なんとなくわからず、時間だけが過ぎているという結果になっている。今の所。これが常だ。そして、イライラに繋がる。したいことができていないから。

 

朝から振り返ろう。これの目的は、あくまでも自分がもっと心地よく毎日を過ごせるようになるためだ。”することをする”ではなく、”より心地よく感じられる生活”を実現するためだ。

朝は、Happyちゃんの瞑想から始まった。7時半に起床。

一人で聞きたかったが、彼女も聞きたいというので、同じ布団で聞いていた。二人で一つの布団は落ち着かない。狭い。瞑想なのに集中が当たり前だが、一人の時より低い。

なるほど。

 

で、それが終わると、一人になって、エイブラハムの瞑想CDをきく。二度寝。10時ごろに起床。

 

知り合いのおばさんが玄関口にきていた。何かの勧誘だ。意見を求められる。それに彼女が答えている。少し参加する。

その際に、午後1時からまた話せないかと、聞かれる。”全ては贈り物”スタイルで思考していたので、OKと言う。その時すでに11時くらいだ。ん〜、本当はどうしたいかって、考えてなかったな。でも全く反対ではなかったから、とりあえず行くことにしたんだ。

ご飯を炊く。前日に作った炒め物と食べる。美味しかった。よかった本当に。

そのまま、Youtubeでみた動画で、ダンスの練習を始める。普通に楽しい。これを1時前までやっていた。これが多分1時間くらいしていた。

 

そこから話にいく。全く視点が違う話を、され、ただ疲れた。というのが本音だ。これの完璧さは?またあとで考えよう。

そうだ。「経験を伴う信念」「やはり、意図的創造をもっとしていかないと」そう思えたこと。「論理的に、今自分が希望すること、信じていることを強化しないと」

そう思ったこと。

 

そう思ったから(というかここ最近のテーマだと感じていたので)、「神との対話」シリーズ、を読もうと思っていた。

で、家に2時半ごろ到着。そこからどうしたのだろう。また踊りの練習をしていた気がする。で、そのまま腕立てもする。バラバラだ。

どちらも決めた動きではなく、バラバラにする。そのままなんとなく過ぎ、4時半ごろになっていたと思う。

住み込みのバイトや、計画を立てたいと思ったので、一人になろうと(集中できないから)、とりあえず外にでよう。

と思い、出かけようとした時、ツルニチニチソウが目に入る。(思い出す)カイガラムシにひっつかれっぱなしで放置していたのだ。なんとなく、それを置いて出かけるのがはばかられた。ハサミでジョキジョキと付いているツルをある程度切る。切りすぎると生きながらえるか心配なので、ある程度で終わる。満足だ。

そしてまたリュックを背負い、出かける。

マクドへ向かう。

だが、匂いがいやだった。

場所を変えよう。

そう思い歩いていると、「Wifiを借りてるのがわるいなあ(自分勝手なんじゃないか)(おれのじゃないし)」という思いがでてきたので、家へまた帰る。

でもやはり、集中できない。Google calendarを開き、なんかワクワクせんなこのカレンダーと思い、他のアプリとかないかなと検索し始めるが、見つからない。そのまま友達とMessengerでのやりとりとかをし始める。

ん〜なるほど。一つのことをしていないなあ。そうかそうか。

 

昔は一つのことをやって、で、次、っていう感じだった気がする。で、それが一番早かった、と感じている。そう覚えているなぁ。

とりあえずいろんなことに注意が行くらしい。何か一つを、決めて、でそのあとに次、とやる方が、あっているのかもしれない。

自分は行動とか終わらせるのが早かった覚えがある。

 

おそらく、何をするのかさえ決まっていれば、それをやるのは早い。多分そうだろう。だがまず、何をするか、というところが決まり切らない。

その前に、まず集中ができないから、考える余裕がない。結果イライラが募っているから、波動に乱れがある。

そんなところだろう。

自分のペースではないのだ。そこだろう。原因は。

 

ということは、

まず、

・自分のペース(ゆったりできる時間)

そして、

・何をしたいのか(朝に本音を書き出す、瞑想する、ある程度決めておく(計画))

何をしたいのかが、少しトリッキーなところだ(とそう思っている)。なぜかというと、まず、どう感じたいのか、が先だからだ。その次に、何を持ちたいのか、そして、最終的に行動。ということらしい。

だがこれにこだわり過ぎな気もしてきた。まず、これを実行しているならいいが、していない。そんなに。というか、どう感じたいか、は、もうある程度している結果の、何をしたいかが、でてきている気がする。

それに対して、「いや、何をしたいかじゃない。どう感じたいかだ。」と思考がジャマし、また瞑想のようなことをしだす。(静かになって、頭で、「どう感じたいのか」と問い、感じようとする。」それを感じようとするが、すでにそれ自体が、したいことではなくて、したいことがあるのにそれを放って置いての、瞑想なので、そのズレから、イライラが生まれる。ということではないだろうか。多分そうだろう。

ふむふむ、なるほど。つまり、

・したいことをどんどんして行く。

で、そのさいの思考が、「これは本当に自分がしたいことだろうか。」というのがいつもでてくる。だが当たり前だが、今まで本音を隠してきたのに、初めからそれがわかるはずがない。虐待の子犬だ。そう感じて一枚一枚剥がす作業だと、Happyちゃんが言っていたが、そうだと思った。というかそうなのだと、今また実感している。いやほんまに、ぜんっぜんわからん。とりあえずなんかしたいっていうのはある。けどバシッと、これや!っていうのが、わからん。

だから、一個ずつ、でてきているやつを、やって行くのが大事なのだろう。というかそれしかない。それだけが、”今アクセスできる、今の自分の心状態の選択肢”なのだろう。

それを、「いや、これは本当にしたいことなのか。」と、また思考しても、それは思考であって、実際にしていないから、感じることはできない。というか、実際にして初めて、わかることだ。

だから、今自分がすべきなのは、したい!とかしてみたい!と思ったこと、感じたことを、ただ実行に移すこと。で、その選択を、全て感じきること。感じてるものを否定せずに、全部肯定して感じて、みる、こと。

だろう。

したい!を行動に移す。叶える。

その選択を、感じる。肯定する。

それでまた、望むものや、次の願望がでてくる。

 

行動に移す前は、色々な不安はあるし、それが本当に自分がしたいのかも、楽しいのかも、心地いいのかも、わからない。(と思っている思考で)

だけどどうであれ、それは願望で、その願望を一つ一つ叶えていかない限り、進まない。

スライムを倒さないと、次のがでてこないのと同じだ。

「いや、おれはスライムを倒したいのかわからない。」と、その場の今自分の目の前には”今”スライムしかいないのに、スライム以外を探しても、草原にはスライムしかいないのだ。

他の言い方をすれば、”スライムだけがいる”。Only スライム、だ。で、スライムは、この状況だけでのみ遭遇できる、レアキャラだ。一期一会だ。

人間世界とはそういうものだ。スライムは例えだが、人間はみんな本当に違う。おじさん、お姉さん、などと雑な分類で人と関わることはないし、普通に関わるなら、みんな一人一人違うキャラクターとして関わる。

そのときにだけ、その瞬間にだけ、在る。それ以外の瞬間ではありえないことが、毎瞬起きている。そういうことだ。

また、自分の選択も同じだ。例えばバイト。何かの予定。全て、そのときにだけ、在る。その状況がそのときにだけ、在る。唯一無二である。

と考えると、どんな選択であれ、それがまずしてみたい!、と思ったことならば、価値がある。自分を知る手がかりになる。

それに、物事には側面が無数にある。つまり、我々は、視点を無数に選べるということだ。何をみたいのか、そこに。それだけ決めれば、あとは勝手に解釈が入る。

”喜び””自由””幸せ”感じたいこと、みたいものだけ、先に決めるのだ。それが選択の自由だ。それさえわかっていれば、何をしてようと(本音、だと思って選択したこと)、そこに幸せがあるし、喜びがあるし、自由がある。なんでも感じられる。それが自由意志、自由選択の特権だ。人間の力だ。神の力だ。

 

ふぅ、と、書き連ねていたら、思考がよくなってきた。というか戻った。思い出した。どうやら自分は書くことが好きらしい。書くと整理される。チャネリングしているのだろうか。そもそもチャネリングをよくわかっていないのだが。よしそれもわかろう。

 

なるほど、自分の思考っていうのは、なんとなく、溢れ出してくる。すごくたくさん。だから色々書けるし、次々と出る。アイデアも。アイデアマンだとよく言われたなぁ昔。

多分このスタイルがあっているのかもしれない。とりあえず書きまくる。書き連ねる。それが気持ちいい。今めちゃくちゃ気持ちいい。めちゃくちゃは言い過ぎたかもしれない。とにかく気持ちいい。

うあああっと、ぶあぁぁっと、こう頭の中のものを出すのが気持ちいい。次から次にでてくる。止まらねえ笑

面白くなってきた。おもしろくなってきた。なんとなくひらがなのほうがいいと思ったから書き直した。見栄えがいい。もちろんおれがね。自分的にね。

ふぅ。あ〜、楽しい笑

心地いい。これから書こう。これは習慣だな。いい。気持ちいいからね。特にわかんなくなってるときは。全部出してればなんかよくなる。頭いいなあ。

 

よしよし。じゃあこの辺で、ちょっと整理してみるか。

とりあえず、うーんと、

・分析したい。っていうのが思ってたな。

毎日自分を観察して、望む方向にどんどん、動かしていきたい。不安もあるし、いろんなのでるし、行動できなかったりもあるし、

でもそれぞれを、こういう感じで観察すれば、全部よくなる。とわかる。それが必要だというのもわかる。

で、意図的創造の結果というか、経験もそれで記録していけば、さらにわかりやすい。というか目に見えて、やっと納得感、安心感、理解した、体感した〜!って、蓄積されていく。それがほしい。もっと。

あとは、

・選択していくこと、だね。それに行動が付いてくる。

 

そしてその前になによりもやっぱ、

・自分のペースがとれる

ってのがまず大事だな。じゃないと、ほんまに波動ごちゃごちゃでわからん。思考がごちゃごちゃしてくるからね。

よう頑張ったおれ。えらい。褒めれるようになってるのもえらい。笑

あ〜、今まで色々、バシャール とか、エイブラハムとは、Happyちゃんとか、ニールの本とか(神との対話シリーズ)、ほんまにお世話になったなあ。こんななんか安心ってか、やっと抜けれた場所っていうのが、ほんまに心地いい。あとは、選択してって、感じる練習してって、分析して、もっと蓄積して、信念を経験として落とすってとこやな。体感体感。希望は信じることへの入り口であり、信じることは、なんやっけ、知ることへの入り口、知ることは創造することへの入り口、創造することは経験することへの入り口。経験することは表現への、そして表現は「なること」への入り口。やった。本みた笑

これわかりやすいなあほんま。

で、全ての可能性から、”ここ”、心に置くものは、全て、自分の見方、つまり視点による。

と、いうことですね。

いやー、わかりやすいし、ホッとする。これは嬉しい。ありがとう。ほんまに助かってる。ありがとう。

 

とりあえず、今外で、川が流れている近くの、石の階段に座って書いてて、ケツの肉が極端にないもんやから痛くなってきた(というか痺れている)ので、一旦帰宅したいと思います。今は家では一人です。でもこの外ってのがほんま心地いいな。家も心地よくせーなな。電気ないからなあ。笑

あー、自分でこうやってしゃべんのたのしっ。笑 いつか自分が有名になった時は彼の思考、としてこれが出版されるやろうなあ笑

まあこれはおれのやり方であって、他にも色々あるやろうけど。ひとりごとをこういう感じで、頭の中でもできるようになったらええなあ。思い出そうか!まあでも文字にできるっていうのも才能やしな。作家の人に才能あるって言われたしな。

よし、ケツ痛いからもう帰ろう。ありがとうこの場所。またね。